ご訪問、ありがとうございます。

FXトレーダートムです。

 

大半のトレーダーの方は、本業である仕事を持ちつつ、空いた時間にFXトレードを行っているのではないでしょうか。

 

私も現在はFXと無関係の本業を持っています。

 

ところで、あなたは次のような疑問をお持ちではありませんか。

 

・そもそも副業をすべきか?

・FXは副業になるか?

 

もしこのような疑問をお持ちでしたら今回の記事が役に立つと思います。

ということで、今回のテーマは「副業とFX」です。

 

 

副業をすべき3つの理由

 

もしあなたが一般的なサラリーマンなら、私は、「本業の妨げにならないかぎり、副業をすべき」と考えます。

 

理由はいろいろありますが、特に次の3つが大きなメリットです。

(1)経済的な余裕ができる

(2)本業にもプラスの影響が出る

(3)人間関係が豊かになる

 

これらの理由について、簡単に説明しますね。

 

 

(1)経済的な余裕ができる

 

副業の1番の目的は、やはり「お金」ですよね。

 

私がFXをはじめたのも、経済的に自由になりたいという理由からでした。

 

あなたも、もっと年収を上げたい・・・という思いはありませんか?

 

 

どこの調査機関か忘れましたが、ある調査によると、サラリーマンの誰もが「もう2割」年収が増えると生活にゆとりができると思っているそうです。

 

年収500万のサラリーマンも年収1000万のサラリーマンも同じように、年収2割アップを望んでいるということですね。

 

ちょっと考えてみてください。

 

本業で年収を2割アップさせるのって結構難しいですよね。

 

ですが、副業で一般的なサラリーマンの年収の2割を稼ぐことは、それほど難しいことではありません。

 

 

(2)本業にもプラスの影響が出る

 

私は、副業をすることで本業にもプラスの影響が出ると考えています。

 

その理由は、副業をすることで、「知識」「行動力」が手に入るからです。

 

・知識について

 

本業1本だと、自分の専門分野(自分の仕事)以外の知識を得る機会がないので、視野が狭くなりがちです。

 

視野が狭いと、画期的な商品やサービスを生み出すのは難しいですよね。

 

そうなると、近年の厳しい競争社会で生き残ることはできません。

 

あなたの周りにもいませんか?

 

毎日夜遅くまで真面目に働いているのに、思うような結果が残せていない人。(昔の私がそうでした。)

 

 

副業をすると、新しい知識を得ることができます。

 

本業とは無関係の知識ですが・・・そのような知識は、自分の視野を広げてくれるだけでなく、思わぬところで本業に役立ったりします。

 

 

・行動力について

 

一般的なサラリーマンは、本業だけでも生活が成り立っているので、副業をしたいと思ってもなかなか行動に移せない人が多いです。

 

例えば、FXをはじめようと思っている人の何割かは、1ヵ月経ってもまだ口座すら開いていません。

 

口座を開いた人の何割かは、デモトレードを行いません。

 

デモトレードを行った人の何割かは、リアルトレードで資金管理を行いません。

 

その結果、FXをやめてしまいます。

 

あと少しで利益を出せるのに・・・。

 

 

このように、副業で利益を出すには、いくつかの行動をとる必要があります。

 

逆に言えば、副業で利益を出す過程で、行動力が身に付くのです。

 

行動力のある人は、いろいろなことにチャレンジしてチャンスをつかみます。

 

なので、本業でも結果を出せる確率が高まるのです。

 

 

(3)人間関係が豊かになる

 

副業をすることで、新しい人脈ができることがあります。(趣味を充実させると、共通の趣味を持った仲間ができるようなものですね。)

 

これも副業による大きなメリットの1つだと思います。

 

私もFXを通じて投資家の仲間ができました。

 

仲間内で投資の話ができるのは嬉しいことです。

 

本業でも副業でも、「人とのつながり」は幸福感を高めます。

 

 

ただし、本業の仲間に副業の話をしても、話が通じないことがあるのでご注意を↓↓↓

 

 

FXは副業になるか?

 

近年、政府が「働き方改革」と称して副業を推進していることはご存知ですよね。

 

でも現実は、副業を認めていない企業(特に、中小企業)の方が多いのではないでしょうか。

 

そこで問題となるのが、「FXは副業になるか?」ということです。

 

 

この記事では、副業を「本業以外で収入を得る手段」として定義しています。

 

なので、FXが副業になると思うかもしれませんが、FXは、就業規則で規定されている「副業」には該当しません。

 

FXは、株や不動産のように「投資」として考えられます。

 

 

副業としてのFXで一番大事なこと

 

副業(本業以外で収入を得る手段)として、FXをする際に一番大事なことを言います。

 

それは、「本業の妨げになるようなトレードはしない」ということです。

 

FXをすると、値動きが気になって本業の仕事が手につかないという方がいます。

 

その気持ち、よく分かります。

 

しかし、本業に支障をきたすのは本末転倒ですよね。

 

 

本業中に値動きが気になる人は、運用金額が大きすぎる場合がほとんどです。

 

ポジションを持っていても値動きが気にならなくなるまで運用金額を減らしてみて下さい。

 

例えば、10万通貨でトレードしている人は1万通貨に減らし、それでも気になるようであれば、1000通貨に減らす。

 

そうすることで、お金に対する欲望が小さくなり、値動きが気にならなくなります。

 

そして、そのようなトレードを何度も繰り返していくと・・・トレーダーとしての器が大きくなり、大きい運用金額でのトレードが可能になるのです。

 

 

総評(まとめ)

 

私は、「本業の妨げにならないかぎり、副業をすべき」と考えます。

 

副業のメリットは、

(1)経済的な余裕ができる

(2)本業にもプラスの影響が出る

(3)人間関係が豊かになる

です。

 

FXは、就業規則で規定されている「副業」には該当しません。

 

FXをする際に一番大事なことは、「本業の妨げになるようなトレードはしない」ということです。

 

ポジションを持っていても値動きが気にならなくなるまで運用金額を減らしてみて下さい。

 

副業によって、あなたの人生が豊かになることを願っています。

 

 

副業としてのFXでオススメの商材はこちら

 

無料相談受付中

 

只今、無料相談受付中です。

 

⇒トムに無料で相談してみる

 

オススメの情報商材を知りたい方もこちらからご相談ください。

 

トレードに関するお悩みも受け付けております。

 

トムのトレード戦略

 

投資メルマガ「トムのトレード戦略」を始めました。

 

投資で稼げるようになるのに必要なことを中心に配信していこうと思います。

 

メルマガ登録は無料ですし、いつでも配信解除できますので、お気軽にご登録いただけたら嬉しいです。

 

⇒メルマガ登録で最新情報をGETする!

 

不定期配信ですが、有益な情報を発信できるように努力いたしますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

 

以上、FXトレーダートムでした。